スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

BJ-73Mファーストライトです

最近の投稿

日本製の冷却CMOSカメラ 

長くビットランの冷却CCDカメラを愛用してますが、時代の流れで今回はビットランの冷却CMOSカメラBJ-73Mを購入しました。外観はこれまで使っていたBJ-53Lとほぼ同じです。 このカメラを使うMewlon-300CRSはイメージサークルがやや狭いのでAPS-CサイズのBJ-73Mはおさまりがいいです。BJ-53Lは感度はいいのですがチップサイズが少し小さくのアンプノイズも少し気になります。 センサーはsony製のIMX571です。裏面照射でアンプノイズレスの人気CMOSですね。画素数2602万画素,1.8型APSサイズ23.5x15.7mm,6244x4186pixcel,ピクセルサイズ3.76x3.76μmです。A/D変換は12bitまたは16bitを選択できます。望遠鏡との接続は2インチ差し込みまたはM52 P0.75です。標準でASCOM対応のドライバーが添付されています。 USB端子がこれまでのMini USB Type- Bからmicro USB Type-B SuperSpeedに変更されています。望遠鏡との接続部などに変更はありません。 インストールには.NET Framework4.7以降とASCOM6.4以降が必要です。ただ最新のASCOMはVer.6.5SP1で.NET Framework4.8のインストールが必要となっています。 今回、撮影用のPCはASCOM6.1だったので、まず.NET Framework4.8をMicrosoftのサイトからインストールしてASCOM6.5SP1をインストールしました。後は付属のDVDを使ってドライバーをインストールするだけです。撮影はMaxim DLを使うのでカメラの設定でASCOMを選択してしBitranのカメラからBJ-73M指定して終わりです。 Gainの設定などがないソフトのために設定用のウィンドウを常時表示させるチェックボックスもあります。このウインドウでビットレートとGainをいつでも変更できます。

NGC7000 IC5067 IC5070また出遅れて夏が終わってしまいました

North America Nebula & Pelican Nebula Takahashi FSQ-130ED with 645 reducer0.7X 455mm f3.5, FLI ML16803 Baader SII 8nm 10min.x6, Ha 7nm 10min.x6, OIII 8.5nm 10min.x6 SHO Hubble Palette 08/05/2021JST MaxIm DL6.08,PhotoshopCC 夏の定番構図の一つですね。これまで何度も撮影した対象ですが、Hubble Paletteは初めてです。忙しさに感けて処理が進みませんせした。先日ナローバンドフィルターをアップグレードしたので、このフィルターでの撮影は最後かもしれません。 SII-8nm,Ha-7nm,OIII-8.5nmはキレは劣りますがレンジは稼げるのでそれなりに利点もあるんですよね。 URANOMETRIA 2000.0でカタログ化してみましたが、ナローバンドなので散開星団がよくわかりません。Bは暗黒星雲のカタログです。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S 遠征編

Nikon Z 7(HKIR)  NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S  ISO3200 f/2.8 60sx24  Nikon NX Studio, StellaImage9, MaxImDL6.08,PhotoshopCC 08/29/2021 JST 8月末の遠征で撮影したZ MC 105mmの画像です。今回はF2.8の開放で撮影しました。開放でも、星像はシャープで色収差もなく周辺星像も十分良好です。周辺減光はNX Studioで処理すれば問題ありません。マクロ撮影だけでなく天体撮影にもいいレンズですね。 M8 散光星雲 M16 散光星雲 M17 散光星雲 M18 散開星団 M20 散光星雲(北側は主に反射星雲) M21 散開星団 M22 球状星団 M23 散開星団 M24 星 バンビの横顔 M25 散開星団 NGC6544 球状星団 NGC6553 球状星団 NGC6645 散開星団 IC1274 散光星雲  IC1275 散光星雲  IC1284 散光星雲 バンビの首飾り IC4706 散光星雲 Sh2-46 散光星雲 Sh2-54 散光星雲 Nikon Z 7(HKIR)  NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S  ISO3200 f/2.8 60sx24  Nikon NX Studio, StellaImage9, MaxImDL6.08,PhotoshopCC 08/29/2021 JST 少し北側に振った画像です。これより北は暗黒星雲が主なので撮影対象としてはちょっと地味ですね。 M26 散開星団 NGC6649 散開星団 NGC6664 散開星団 IC1276 球状星団 IC1287 反射星雲 自分の勉強がてらカタログ化してみました。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S 遠征編

お誘いを受けて田来原の公園まで 、午前中は雲が多く心配でしたが、夕方には快晴になりました。透明度もまずまずです。途中、木の花ガルテンで合流して公園に向かいました。8月最後の日曜日なので他には家族連れの方が1組だけです。前回来た時は電波がなくてスマホが使えなかったのですが、今年は3G入るようになったので時角計アプリが使えて助かります。この公園は街灯は完全には消灯しないのが少し残念ですが、広い公園で立地が山頂近くにあるので視界は開けています。今日の赤道儀はEM-10(MTS-3)です。 Nikon Z 7(HKIR)  NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S  ISO3200 f/2.8 60sx24  Nikon NX Studio, StellaImage9, MaxImDL6.08,PhotoshopCC 08/29/2021 JST 撮影は14mmの開放2.8で個人的には星像は周辺まで許容範囲です。夜露対策にビクセンの新しいレンズヒーター360IIIを用意したのですが、3カット撮影して後半2カットは結露に撃沈しました。芝生の地面で14-24mmはフィルターが大口径ですから効果が不十分でした。次回はさらに対策が必要ですね。

Nebula near Sadr in Cygnus Hubble Palette

  Nebula near Sadr in Cygnus Takahashi FSQ-130ED with 645reducer0.7X 455mm f3.5, FLI ML16803 Baader SII 8nm 10min.x6, Ha 7nm 10min.x6, OIII 8.5nm 10min.x6 SHO Hubble Palette 08/16/2020JST MaxIm DL6.08, PhotoshopCC デジカメで撮影すると赤く写るだけですが、ナローバンドではOIIIの領域も多いのでカラフルですね。

真夏の天頂付近

Nikon Z7 HKIR by Hayatacamera NIKKOR Z 85mm f/1.8 S ISO3200 f/2.8 60sec.x36 Nikon NX Studio, MaxIm DL6.08, StellaImage8, PhotoShopCC 08/04/2021JST   網状星雲(Veil Nebula)、北アメリカ星雲(North America Nebula)、白鳥座γ星付近(Gamma Cygni)、三日月星雲(Crescent Nebula)が全部入る構図で撮影してみました。網状星雲は超新星残骸、三日月星雲はウォルフ・ライエ星と賑かです。